イベピン 〜ピンクでフェチな面白イベント検索サイト〜

ピンクなイベント情報を検索!
フェチなイベントからちょっとアダルトな面白イベントまで厳選してご紹介。訪問レポートも掲載!

尻博2020

尻博2020

本物のお尻を見てほしい。

** 広告エリア **

2020.9.1[火] ~ 2020.9.13[日] / 東京都 / 千代田区 DUB GALLARY AKIHABARA

2020年9月1日(火)から9月13日(日)まで、千代田区のDUB GALLARY AKIHABARAにて「尻博2020」が開催される。

「尻博」とは、イラストレーター・絵画・フォトグラファー・モデル・立体造形等の様々な作家達が現代的解釈において尻を表現する尻の祭典。
併せて絶品のお尻「神尻」の持ち主が参加する撮影会も開催する。

「本当のお尻を見てほしい。」
何故こんな展覧会が今まで無かったのか。

原始美術の時代から様々なアーティストが魅力されてきた、性別の垣根を越えて存在する人類の原点にして永遠のモチーフ、「お尻」。近世でも西洋絵画においてルーベンスやルノワール等多くの画家が肉感的な筋肉表現、官能的象徴、バロック的な量感表現手法のモチーフとして描き、江戸では葛飾北斎をはじめ数々の有名絵師たちが春画において艶かしく描いている「お尻」。「尻博2020」はイラストレーター・絵画・フォトグラファー・モデル・立体造形等の様々な作家達が現代的解釈においてそれを表現する。併せて絶品のお尻の持ち主が参加する撮影会も開催。

A variety of artists have been fascinated since the days of primitive art, and the “butt” is an eternal motif that is the origin of humankind that exists across gender boundaries.
Even in modern times, many painters such as Rubens and Renoir drew it as motifs for sensual muscle expression, sensual symbol, and baroque quantitative expression method in Western painting.
The “butt” you are drawing.
“Shirihiro 2020” is represented by various artists such as illustrators, paintings, photographers, models, and three-dimensional models in a modern interpretation.
At the same time, a photo session will be held in which the owner of the excellent ass participates.

 

<参加アーティスト>
三嶋哲也・MOIRA・PDD2020・浅野健一・Hajime Kinoko・木村了子・HIDEYUKI KATUMATA・わくら・Comet.・mono・くそむし・美南ナミ

<プレミアム美巨尻フォトセッション>尻博フォトセッション画像開催日:9/6(日)・13(日)
モデル:美南ナミ・ツナマヨ・凛々奏
詳細はこちらから。※要別途予約

<注意事項>
マスクをしていない方の入場は禁止。入場前の手指の消毒が必要。
・新型コロナウィルスが流行しております。お客様ご自身の体調と相談して無理のないようお越しください。
・ご来廊の際はマスクを着用の上、入口にございます消毒液をご利用になり、感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。
・ご鑑賞の際は、他の方と十分な距離を保つようお願い申し上げます。

尻博フライヤー画像

住所 東京都千代田区神田佐久間町1-14 第2東ビル2階 216号室
会場 DUB GALLARY AKIHABARA
日時 2020.  9.1(火)〜 9.13(日) 平日15:00-20:00 /土日11:00-20:00
料金 入場料1000円(税込)入場特典あり
Mail
info@dub-gallery.com
参考URL HP https://www.oshiri2020.com/
Twitter https://twitter.com/shirihaku?s=20
協賛
';